2009年05月12日

蒸し魚

魚料理は蒸しても美味しいです。
蒸したての熱々を召し上がっていただければ尚喜ばれるでしょう。
 
材料は、白身の切り身の魚が扱いやすくて便利です。
タイ、さわら、ヒラメ、カレイなどがおいしいです。タイを1匹、蒸しあげるととても豪華な料理となります。
おもてなしにもいいですね。コツを抑えておいしい魚料理を楽しみましょう
 
 
蒸し物にするときのコツ
 
素材選び
・1人分の魚の量は、100グラム程度が適量です。
ただし、他の素材もいっしょに蒸しあげるときには加減しましょう。
たとえば、チリ蒸しは、昆布をしいた上に、材料をのせて酒をまわしかけて蒸します。さわらなどの魚が用いられますが、他に豆腐、生シイタケ、春菊などを取り合わせてむします。
・蒸し物には、生臭みの強い魚は向きません。
背の青い魚・・・アジ、サバなどは避けた方が無難です。
・貝類は、生きているものを砂出しして使います。
 
下ごしらえ・火の通りを良くするために、片袖開きにすることもあります。
・薄塩か、酒を振って味をなじませておきます。
・ウナギ、アナゴ類は、いったん焼いてから蒸すことが多いです。
 
火加減
強火で蒸すのが基本です。ただし時間は、丸ごとの魚を使う場合や切り身によって異なります。
また魚の厚みによっても変わります。10分から15分程度はかかるでしょう。
*ただし、豆腐を取り合わせた「ちり蒸し」の場合、火が強すぎると豆腐に「す」が入るので、中火以下に落とします。
 
蒸し料理の種類たとえば、酒蒸し、かぶら蒸し、信州蒸しなどの蒸し料理の種類があります。

muryou004.jpg
 
 
posted by まぐりょう at 14:15| Comment(57) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。